1. HOME
  2. ブログ
  3. Neo4j
  4. Neo4jを始めよう

BLOG

ブログ

Neo4j

Neo4jを始めよう

Neo4jの最初の一歩を踏み出しましょう。

これらの入門チュートリアルと開発者ガイドは、Neo4jの初心者向けに、そして、教育を続けるための力になるように作成されています。

最初の一歩

Neo4jを使い始めるのは簡単です。最初の一歩を踏み出して、Neo4jの上級開発者になりましょう。

  1. Neo4jのインストール、または、Neo4j Sandboxの起動
  2. Cypherを使ったデータの生成と問い合わせの学習
  3. データのインポート
  4. アプリケーションの構築
  5. Neo4j Online Community でヘルプの入手

開発者ガイドの概要

ここでは、グラフデータベースの概念を理解することから、Neo4jとの対話型アプリケーションを構築すること、そして、Neo4jを運用環境で実行することまで、さまざまなトピックをカバーします。

ビデオやテキスト、例題、およびコードは、私たちがあなたに学習を促し、さまざまな学習スタイルを支援するために提供する情報の一部です。

グラフデータベースとは

関連がある情報は、私たちの周りの世界中いたるところにあります。Neo4jは、データモデルに関連性の高いデータを効率的に格納、処理、そして問い合わせするために構築されました。強力で柔軟なデータモデルを使用すると、豊富な情報を失うことなく、現実世界のさまざまに構造化された情報を表現できます。

Neo4jグラフプラットフォーム

Neo4jでは、さまざまな種類のビジネス上および技術上のニーズを解決するためのオプションを提供したいと考えています。私たちの目標は、私たちの製品がシンプルであなたのユースケースにぴったり合うことです。取引や市場の分析、運用の最適化など、グラフを使用しているかどうかにかかわらず、Neo4jは当社のツールを既存のシステムの他の部分と統合するためのシームレスなプロセスを提供するよう努めています。

Neo4jグラフプラットフォームの機能には、グラフへのデータをインポートする開発者や容易にデータを調査するビジネスアナリスト、および、分析結果に基づいて決定を下すデータサイエンティストへ支援することが含まれます。組織内での役割に関係なく、私たちはあなたがビジネス価値を最大化し、技術的ニーズを達成するのを助けるためにグラフとNeo4jの力を最大限活用したいと考えています。

グラフデータモデリング

グラフデータの豊富さとクエリのパフォーマンスは、データをモデル化する方法によって大きく異なります。Neo4jのデータは実際の情報や関係に似ていますが、データモデリングは、どのような問い合わせをすればいいか、そのためにどのような情報の種類が必要かを把握することに重点を置いています。

データモデルは、作成したクエリと返される結果のパフォーマンスにも影響を与える可能性があります。役立つデータを維持し、クエリのパフォーマンスを最大化するために、特定のデータをプロパティとするか、あるいは別のノードとして格納するかの判断し、リレーションシップをどのように構築するかを決定します。

Cypher – 次世代のクエリ言語

グラフデータのクエリを楽しくするだけでなく、習得しやすく、理解しやすく、そして誰にとっても使いやすいものにしたいと考えました。そのため、Neo4jでデータを検索または更新するための視覚的なグラフパターンを表すためにアスキーアート(ASCII-Art)を使用した、ヒューマン・フレンドリー(人に優しい)宣言型のクエリ言語を作成しました。

CypherはSQLの機能に基づいていますが、特にグラフ用に最適化されています。構文は簡潔で分かりやすいため、ユーザーはシンプルで保守しやすい方法で、通常のCRUD操作すべてを簡単に書くことができます。

グラフの可視化

視覚化は、テキスト形式でサポートされているよりも、データをよりよく理解できます。私たちの顧客の一人は、グラフの視覚化についてこう言っています。「取引のグラフを見ることによって不正な動きが見えてきます」

Neo4jは、開発者向けのNeo4jブラウザ、アナリストやその他の自然言語検索を探している人向けのNeo4j Bloom、および開発者が自分のアプリケーションに直接グラフを埋め込むためのライブラリなど、データを視覚化する方法を提供します。また、この分野では、さまざまな視覚化のニーズに合わせて追加のオプションを提供するパートナーもいます。

データインポート

別のソースからNeo4jにデータを取り込むことを検討している場合、Neo4jにはデータインポートの問題に対するさまざまなアプローチのためのさまざまなツールとパートナーアプリケーションがあります。インポートプロセスを簡素化して、グラフデータの分析を早く開始できるようにし、価値を最大化したいと考えています。

この分野における私たちの目標は、開発者が自身の関連データをNeo4jに移して、それがどのように見えるか、そしてグラフデータベースがそれをどのようにサポートできるかを確認することです。他のベンダー製品やツールとの統合など、他の種類のデータインポートのオプションもあります。この分野では、企業がテクノロジ間でデータをできるだけ簡単かつ円滑に転送するのを支援します。

一般的なプログラミング言語用のドライバ

Neo4jを使ってアプリケーションを開発するのは簡単です。バイナリの “Bolt” プロトコルを使用して、.NET、Java(Springも含む)、JavaScript、Pythonなどの言語用に公式にサポートしているドライバを提供します。バイナリおよびhttpプロトコル用の他言語のドライバは、私たちの活発なコントリビュータコミュニティによって開発されています。

これらのドライバにより、開発者は自分が選んだプログラミング言語を使ってアプリケーションや統合を構築し、Neo4jデータベースのデータと簡単にやり取りできます。

拡張と統合

Neo4jは、Neo4jやパートナー、ユーザー、およびコミュニティのコントリビュータによって提供される、ライブラリやツール、ドライバー、およびガイドの豊富なエコシステムによってサポートされています。私たちは、ユーザーが使い慣れたテクノロジと統合し、ソリューションへのリップアンドリプレースアプローチ(一部を切り離して交換するアプローチ)に伴う苦痛を最小限に抑えたいと考えています。

テクノロジーエコシステムと開発者のニーズが常に高まるにつれて、この分野は拡大を続けています。新しいコードを書く前に、GitHubや他のリソースを調べて、あなたのニーズを解決するための何かがすでに開発されているかどうかを確認することをお勧めします。

Neo4jをデプロイする

実稼働環境でNeo4jを実行することを検討している場合は、デプロイの種類および構成にさまざまなオプションがあります。Neo4jは大規模分散クラスタリング、パフォーマンスチューニング、クラウドデプロイメント、バックアップとフェイルオーバーなどのオプションを提供します。また、Neo4jでデータを実行するために必要なハードウェアを把握するのに役立つ Hardware Sizing Calculator など、展開や設定を計画および管理するためのツールもあります。

ローカルからクラウドへのデプロイまで、これらのオプションやツールを使うことであなたが好む方法や要件を満たすことができます。それぞれの実装にはそれぞれ利点と欠点がありますが、会社のビジネス上および技術上のニーズにより選択します。

参照ドキュメント

このサイトのチュートリアルとガイドは、Neo4jがさまざまなプログラミング言語やテクノロジとどのように統合されているかを示しながら、すぐに起動して実行できるようにするためのものです。あなたが質問とコードを書くとき、私たちのコアリファレンスドキュメンテーションは助けになるでしょう。

トレーニングと認定: Neo4j GraphAcademy

Neo4j GraphAcademyはオンラインおよび世界中の教室でトレーニングクラスを提供しています。基礎から高度なCypherまで、これらのクラスはあらゆるスキルレベルの受講者を対象としています。

Neo4jの資格を履歴書に追加したり、Neo4jの知識を証明したりすることに関心のある方のために、開発者の認定試験も提供しています。すべての教材と資料には当社のWebサイトからアクセスできますが、外部の資料も勉強に役立ちます。認定試験は無料です。試験に合格し、Neo4j認定プロフェッショナルになると証明書とTシャツがもらえます。GraphAcademyのページにアクセスして詳細を確認し、試験を受けてください。

Neo4jに貢献する

あなたの経験レベルに関係なく、私たちはあなたのフィードバックやNeo4jについてのあらゆる意見を聞かせてください!私たちのコミュニティ等に参加したいと考えているのであれば、あなたが私たちのコミュニティに参加して、私たちのエコシステムとオープンソースコミュニティの改善に役立つさまざまな方法をご覧ください。

本記事は、次のリンクの記事を翻訳(一部、解釈を加えての訳)を行なっています。記事の正確性、翻訳の正確性については保証しませんので、ご了解の上、ご自身のリスク・ご判断でご利用ください:https://neo4j.com/developer/get-started/

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事